もやしの賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち1〜2日
保存方法袋のまま冷蔵庫で保存(袋に小さな穴を開けておくと、鮮度の低下をおさえることができる)
旬の時期通年

もやしの消費期限・日持ち

もやしの消費期限・日持ち期間は、1〜2日です。
基本的に袋に消費期限が書かれていると思いますが、なるべく早く消費するようにしましょう。

もやしの保存方法

冷蔵庫で保存

袋のまま冷蔵庫で保存。
もやしは袋詰めにされた後も呼吸を続けているため、清潔な爪楊枝(つまようじ)で袋に小さな穴を開けておくと、鮮度の低下をおさえることができます。

袋から出して、水を注いだタッパーで保存

モヤシを袋から出して水洗いし、水を張ったタッパーにひたしておくと、新鮮な状態を長くキープできます。
水は2日に一度は交換しましょう。
ただし、この方法は水溶性ビタミンが溶け出てしまうといったデメリットがあります。

冷凍して保存

シャキシャキした食感は多少失われてしまいますが、もやしは冷凍することができます。

  1. 袋から出してザルに入れて水洗いする
  2. 水気をよく切る
  3. ビニール袋に入れて冷凍保存

調理に使うときは解凍せずに、そのまま加熱して利用できます。
食感は損なわれるものの、味の染み込みはよくなるメリットもあります。

もやしの旬の時期・季節はいつ?

もやしはほぼすべてハウス栽培されていて、年間を通じて品質も一定しているため、特に旬の時期はないと言えます。

もやしの鮮度の見分け方

  • 茎が白く、ひげ根は茶色く変色していないもの
  • 全体が太く、ハリがあって白いもの
  • 大豆もやしは豆が開いていないもの

もやしの主な産地

もやしの主な産地は、栃木県・福島県・神奈川県です。

もやしの名称と分類

和名モヤシ (もやし、糵、萌やし) 、スプラウト
分類マメ亜科
英語Mung bean sprout

もやしと同じ仲間の野菜

「マメ亜科」に分類されるもやしの仲間として以下の野菜があります。

10月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました