にんじん(人参)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち6日(カットした場合は3〜4日)
保存方法ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存
旬の時期9月・10月・11月・12月

にんじん(人参)の賞味期限・日持ち

にんじん(人参)の賞味期限・日持ち期間は、1本まるごとの状態で6日です。
カットした場合は、断面をしっかりラップでおおい、3〜4日で使い切るようにしましょう。

にんじん(人参)の保存方法

冷蔵庫で保存

ビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。

にんじん(人参)は乾燥には弱いものの、水分が多いと傷みが早くなります。
皮の表面に水滴がついたら、こまめに拭きとると鮮度がより長持ちします。

冷凍して保存

にんじん(人参)を冷凍するときは、皮をむき、調理に使いやすいサイズにカットして、水気をきってビニール袋に入れて保存します。

カレーや肉じゃがなどの煮物に使う場合は、1〜2分ほど下ゆでしてから冷凍保存しておくと食感が良くなります。

にんじん(人参)の旬の時期・季節はいつ?

にんじん(人参)は1年を通じて流通していますが、秋〜冬にかけてのものが甘みが出て味が良くなり、栄養価も高くなります。

にんじん(人参)の鮮度の見分け方

  • 表面が滑らかで、まっすぐ伸びているもの
  • 全体的に色が鮮やかで、左右対称のもの

にんじん(人参)の主な産地

にんじん(人参)は、北海道が全体の約30%をしめています。
ついで、千葉県・徳島県が主な産地となります。

タイトルとURLをコピーしました