カリフラワーの賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち4〜5日
保存方法キッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存
旬の時期11月・12月・1月・2月・3月

カリフラワーの賞味期限・日持ち

カリフラワーの賞味期限・日持ち期間は、冷蔵庫(野菜室)で保存して4〜5日です。

暑くない季節であれば常温保存も可能ですが、低音保存の方が日持ちはよくなります。

カリフラワーの保存方法

冷蔵庫で保存

カリフラワーはキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷凍して保存

食べやすい大きさにカットしてから2〜3分塩ゆでし、冷めたら水分をキッチンペーパーで拭き取り、タッパーに入れて冷凍保存します。

カリフラワーの旬の時期・季節はいつ?

カリフラワーの鮮度の見分け方

  • 茎の切り口が新鮮で、変色していない
  • 全体的にこんもりと盛り上がっている
  • 花の部分が白い(黒ずんできているものは鮮度が落ちています)

カリフラワーの調理ポイント

カリフラワーをゆでる時は、できるだけ短時間にすることがポイントです。
素早く塩ゆでして取り出し、水にはさらさずにそのまま冷やしましょう。

たっぷりのお湯にレモンの輪切り(なければ酢)を加えてゆでると、色味がきれいになります。

カリフラワーの主な産地

カリフラワーは茨城、徳島、埼玉、熊本県が代表的な産地となります。

カリフラワーの名称と分類

和名ハナヤサイ(花野菜、花椰菜)、ハナカンラン(花甘藍)、木立花葉牡丹(キダチハナハボタン)、花キャベツ
分類アブラナ科
英語cauliflower

カリフラワーと同じ仲間の野菜

「アブラナ科」に分類されるカリフラワーの仲間として以下の野菜があります。

5月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました