さやえんどう(えんどう豆)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち3~4日(ゆでた場合は2~3日)
保存方法湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて野菜室で保存
旬の時期4月・5月

さやえんどう(えんどう豆)の賞味期限・日持ち

さやえんどう(えんどう豆)の賞味期限・日持ち期間は、購入した状態であれば3~4日ですが、ゆでた場合は2〜3日で消費しましょう。

さやえんどう(えんどう豆)の保存方法

冷蔵庫で保存

さやえんどう(えんどう豆)は乾燥に弱いため、湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて野菜室で保存します。
傷みが早いので食べきれない時は早めに冷凍しましょう。

冷凍して保存

スジを取って固めにゆで、キッチンペーパーなどに挟んで水気を十分に取ります。
水気が取れたらお互いがくっつかないように小分けしてラップして、ビニール袋に入れて保存します。

調理に使う時は、熱湯で戻す、もしくは凍ったままでも利用できます。

さやえんどう(えんどう豆)の旬の時期・季節はいつ?

さやえんどう(えんどう豆)の鮮度の見分け方

  • さやの中の豆があまり成長していないもの
  • さやの先のヒゲが白く、ツヤとハリがあるもの
  • 鮮やかな緑色で、しおれていないもの

さやえんどう(えんどう豆)の主な産地

さやえんどう(えんどう豆)の生産量は、鹿児島県が全体の約25%となり大半をしめます。
次いで愛知県・福島県がさやえんどう(えんどう豆)の産地となります。

さやえんどう(えんどう豆)の名称と分類

和名絹さや、スナップエンドウ(スナックエンドウ)
分類マメ科
英語podded pea

さやえんどう(えんどう豆)と同じ仲間の野菜

「マメ科」に分類されるさやえんどう(えんどう豆)の仲間として以下の野菜があります。

10月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました