しょうが(生姜)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち2週間
保存方法湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存
旬の時期6月・7月・8月

しょうが(生姜)の賞味期限・日持ち

しょうが(生姜)の賞味期限・日持ち期間は、適度な湿度を保った状態で約2週間が目安となります。
ただし時間がたつと鮮度は落ちていくため、使い切れない場合は早めに冷凍しましょう。

しょうが(生姜)の保存方法

しょうが(生姜)は乾燥するとスジが粗くなるため、ある程度の湿度を保ちながら保存することがポイントです。

冷蔵庫で保存

湿らせた新聞紙・キッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

密閉できる瓶・タッパーに水を入れ、ショウガを浸けておくとさらに保存期間が長くなります。
ただし、3日おき程度で水を入れ替える必要があります。

冷凍して保存

ショウガを冷凍する時はそのままの状態で凍らせるのではなく、使いやすいように千切り・みじん切り・すりおろした状態で保存しましょう。

購入したら一気に全部すりおろしてしまい、ジップロックに薄く板状にして冷凍しておくと、使うときに手間もかからず便利です。

しょうが(生姜)の旬の時期・季節はいつ?

しょうが(生姜)の鮮度の見分け方

  • 大きなかたまりで、全体的にハリと光沢がある
  • 固くて締まりのあるもの
  • 切り口がしなびている、変色しているものは避ける

しょうが(生姜)の主な産地

ショウガの生産量は、高知県が全体の約40%をしめています。
次いで、熊本県・千葉県が主要な産地となります。

しょうが(生姜)の名称と分類

和名ショウガ、生姜、生薑、薑
分類ショウガ科
英語Ginger

しょうが(生姜)と同じ仲間の野菜

「ショウガ科」に分類されるしょうが(生姜)の仲間として以下の野菜があります。

5月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました