レタスの賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち約3〜4日
保存方法キッチンペーパーに包み、冷蔵庫の野菜室で保存
旬の時期4月・5月・6月・7月・8月・9月

レタスの賞味期限・日持ち

レタスの賞味期限・日持ち期間は、約3〜4日です。

レタスの保存方法

レタスはキャベツと同様に、収穫されても成長を続ける野菜です。

芯の部分に清潔な爪楊枝(つまようじ)を3本ほど刺しておくと、レタスの成長点を破壊することができ、それによって成長が止まり、鮮度とシャキシャキ感を維持できるようになります。
「レタスの活け締め」のようなイメージですね。
鮮度の低下がおどろくほど変わるので、ぜひ一度試してみてください。

冷蔵庫で保存

キッチンペーパーに包み、冷蔵庫の野菜室で芯の部分が下になるように保存します。

冷凍して保存

レタスは冷凍すると繊維がこわれてしまい、味も食感も悪くなってしまうため、冷凍保存には向かない野菜です。

レタスの旬の時期・季節はいつ?

レタスの鮮度の見分け方

  • 葉の巻きがしっかりして、ずっしり重みがあるもの
  • 緑が濃いめで光沢があり、みずみずしいもの
  • 芯の切り口が変色しているものは避ける

レタスの主な産地

レタスの生産量は、長野県が全体の約40%をしめています。
次いで、茨城県・群馬県が主な産地となります。

レタスの名称と分類

和名チシャ(萵苣・苣、チサ)
分類キク科
英語lettuce

レタスと同じ仲間の野菜

「キク科」に分類されるレタスの仲間として以下の野菜があります。

10月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました