みつば(三つ葉)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち2〜3日
保存方法湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存
旬の時期3月・4月・5月

みつば(三つ葉)の賞味期限・日持ち

みつば(三つ葉)の賞味期限・日持ち期間は、2〜3日です。
ただし、時間がたつとともに香りは失われていくため、新鮮なうちに使い切りましょう。

みつば(三つ葉)の保存方法

みつば(三つ葉)は、乾燥すると一気に香りが無くなってしまいます。
適度な水分をたもって乾燥を防ぐことが大切です。

冷蔵庫で保存

湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。
根の部分に湿らせたキッチンペーパーを輪ゴムで巻き付けておくのも有効です。

冷凍して保存

みつば(三つ葉)は小分けにしてラップで包み、ビニール袋に入れて冷凍保存することもできますが、香りは期待できないため、あくまで彩り野菜として利用することになります。

みつば(三つ葉)の旬の時期・季節はいつ?

みつば(三つ葉)の鮮度の見分け方

  • 葉が鮮やかな緑色で、葉の先までみずみずしいもの
  • 香りの強いもの
  • 茎が半透明になっているものは鮮度が低下しています

みつば(三つ葉)の主な産地

みつば(三つ葉)の主な産地は、千葉県・愛知県・茨城県です。

みつば(三つ葉)の名称と分類

和名ミツバ(三つ葉)
分類セリ科
英語Japanese honeywort

みつば(三つ葉)と同じ仲間の野菜

「セリ科」に分類されるみつば(三つ葉)の仲間として以下の野菜があります。

10月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました