オクラの賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち2〜3日
保存方法キッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて保存
旬の時期7月・8月・9月

オクラの賞味期限・日持ち

オクラの賞味期限・日持ち期間は、冷蔵庫で保存して2〜3日です。

傷みの早い野菜ですので、できるだけ早く食べるようにしましょう。

オクラの保存方法

冷蔵庫で保存

オクラは低温に弱く5℃以下になると低音障害をおこすため、野菜室での保存が理想です。

キッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷気の影響が少ない奥の方で保存しましょう。

しっかり保存すれば4〜5日は日持ちしますが、量が多いなら冷凍保存するのがベターです。

冷凍して保存

小さくカットしても良いですが、そのままの状態で冷凍保存が可能です。

ヘタの付いた状態で塩もみすると、表面の産毛を取ることができます。
沸騰したお湯で塩が付いたままの状態で20〜30秒ほどゆでて、冷水に入れて冷めたらタッパーなどに入れておくと、よりおいしく保存できます。

食べるときは、自然解凍でもすぐに加熱しても問題ありません。

オクラの旬の時期・季節はいつ?

オクラの鮮度の見分け方

  • 鮮やかな緑色で傷がない
  • ヘタの切り口が乾いていない
  • うぶ毛が全体にびっしり生えている
  • 黒ずみのあるものは避ける

オクラの主な産地

オクラは鹿児島県が代表的な産地となります。
次いで、高知、沖縄県がオクラの産地となります。

タイトルとURLをコピーしました