れんこん(蓮根)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち約4〜5日(カットされたものは3日)
保存方法
  • 1本まるごとのものは冷蔵庫の野菜室で保存
  • カットしたものは、断面を塩水か酢水につけてから全体をラップで包み、ビニール袋に入れて保存
旬の時期11月・12月・1月・2月

れんこん(蓮根)の賞味期限・日持ち

れんこん(蓮根)の賞味期限・日持ち期間は、1本まるごとの状態のものなら約4〜5日です。
カットされたものは3日を目安に使い切りましょう。

れんこん(蓮根)の保存方法

冷蔵庫で保存

れんこん(蓮根)は、1本まるごとのものは冷蔵庫の野菜室で保存します。
カットしたものは、断面を塩水か酢水につけてから全体をラップで包み、ビニール袋に入れて保存しましょう。

冷凍して保存

1〜2分ゆでて熱をとり、水分をキッチンペーパーでふきとってからラップで包み、ビニール袋に入れて冷凍保存します。
水気が残っていると凍った時にくっついてしまいます。

れんこん(蓮根)の旬の時期・季節はいつ?

れんこん(蓮根)の鮮度の見分け方

  • 全体が黄白色で傷がないもの
  • ふっくらして太く、ずっしり重みのあるもの
  • 白すぎるものは、漂白されて旨味が抜けている可能性がある
  • カットされたものは切り口が変色していないもの
  • 穴の中が黒ずんでいるものは避ける

れんこん(蓮根)の調理ポイント

れんこん(蓮根)を切ってすぐ酢水につけると、変色を防いでシャキシャキした歯ごたえを残すことができます。
煮物などでほっくりした口当たりを楽しみたい時は、水にさらしてから調理に使いましょう。

れんこん(蓮根)の主な産地

れんこん(蓮根)の生産量は、茨城県が全体の約40〜50%をしめています。
次いで、徳島県・佐賀県が主な産地となります。

タイトルとURLをコピーしました