そらまめ(空豆)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち0〜1日
保存方法購入後すぐに食べきれない場合は、サヤから出して冷凍保存
旬の時期4月・5月・6月

そらまめ(空豆)の賞味期限・日持ち

そらまめ(空豆)の賞味期限・日持ち期間は、サヤに入った状態で0〜1日です。
サヤから出してすぐにゆでたものであれば、2〜3日は日持ちしますが風味は落ちてしまいます。

そらまめ(空豆)の保存方法

そらまめ(空豆)にかぎらず、豆類は全般的に日持ちしない野菜です。
購入してその日のうちに食べきれない場合は、新鮮なうちに冷凍して保存しましょう。

冷蔵庫で保存

サヤ入りの空豆をそのまま冷蔵庫で保存することはできません。

  1. サヤから出してすぐにゆでる
  2. ザルに上げて熱をとり、水分をふき取る
  3. タッパーに入れて冷蔵庫で保存

冷凍して保存

冷凍するときは、サヤから出して生のままの状態で保存しましょう。
ゆでて冷凍すると水っぽくなってしまいます。

そらまめ(空豆)の旬の時期・季節はいつ?

そらまめ(空豆)の鮮度の見分け方

  • サヤの緑色が鮮やかでツヤがあり、弾力性があるもの
  • サヤから豆を出すと急速に鮮度が低下するため、サヤ入りのものを選ぶ

そらまめ(空豆)の主な産地

そらまめ(空豆)の主な産地は、鹿児島県・千葉県・茨城県です。

そらまめ(空豆)の名称と分類

和名蚕豆、空豆、ノラマメ(野良豆)、ナツマメ(夏豆)、テンマメ(天豆)、シガツマメ(四月豆)、コヤマメ(高野豆)
分類マメ科
英語Broad bean, Fava bean

そらまめ(空豆)と同じ仲間の野菜

「マメ科」に分類されるそらまめ(空豆)の仲間として以下の野菜があります。

10月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました