ほうれん草の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち2〜3日
保存方法湿らせたキッチンペーパーか新聞紙に包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存
旬の時期11月・12月・1月・2月

ほうれん草の賞味期限・日持ち

ほうれん草の賞味期限・日持ち期間は、2〜3日です。

ほうれん草は葉もの野菜の中でも鮮度低下が早いため、購入したら新鮮なうちにできるだけ早く食べるようにしましょう。

ほうれん草の保存方法

冷蔵庫で保存

少し湿らせたキッチンペーパーか新聞紙で包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。
ほうれん草は、葉先から水分がどんどん蒸発してしまうので、この部分を特にケアしましょう。

冷凍して保存

  1. 下ゆでして十分に水をきり、食べやすい大きさにカットする
  2. ラップに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存

使うときは、自然解凍でそのまま「ほうれん草のおひたし」として食べたり、お味噌汁などに入れて利用できます。

ほうれん草の調理ポイント

ゆでる時は強火で短時間

ほうれん草をゆでる時は、鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、塩を加えて強火で一気に手早くゆでるのがポイントです。
ゆで過ぎると味も栄養も失われてしまうため、ゆで時間は1〜2分で十分です。

ゆで上がったらザルに上げて、水道水にさらして熱をとり、しぼって水分をきります。

ほうれん草の旬の時期・季節はいつ?

ほうれん草の鮮度の見分け方

  • 葉先までハリがあり、しおれていないもの
  • 葉の色が濃く、厚みのあるもの
  • 茎がしっかりと太く、根が赤っぽいもの
  • 茎が細すぎるものは避ける

主な産地

ほうれん草の主な産地は、千葉県・埼玉県・群馬県です。

タイトルとURLをコピーしました