たけのこ(竹の子)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ち1週間
保存方法購入後すぐにゆでて、水を入れたタッパーに保存
旬の時期3月・4月・5月

たけのこ(竹の子)の賞味期限・日持ち

たけのこ(竹の子)の賞味期限・日持ち期間は、下ゆでした状態で約1週間です。

たけのこ(竹の子)の保存方法

冷蔵庫で保存

たけのこ(竹の子)は、地面から切り取って放置しておく時間が長くなるとエグ味が出てきます。
購入したらできるだけ早くゆでてアク抜きをしましょう。

ゆでた竹の子はタッパーで水に浸して冷蔵庫で保存します。
ただし、タッパーの水は毎日入れ替える必要があります。

冷凍して保存

ゆでてアク抜きした状態の竹の子ならタッパーに入れて冷蔵保存できます。
ただし、食感は多少落ちてしまいます。

たけのこ(竹の子)の旬の時期・季節はいつ?

たけのこ(竹の子)の鮮度の見分け方

  • 先端が黄色から薄い黄緑色のもの(濃い緑色のものは避ける)
  • ずんぐりした形で太めのもの
  • ずっしりと重みのあるもの
  • 切り口が白くてみずみずしいもの

たけのこ(竹の子)の主な産地

たけのこ(竹の子)の主な産地は、福岡県・鹿児島県・熊本県です。

たけのこ(竹の子)の名称と分類

和名竹の子、筍
分類イネ科
英語bamboo shoot

たけのこ(竹の子)と同じ仲間の野菜

「イネ科」に分類されるたけのこ(竹の子)の仲間として以下の野菜があります。

10月が旬の野菜

タイトルとURLをコピーしました