ゆりね(百合根)の賞味期限・日持ちと保存方法・旬の時期

野菜
賞味期限・日持ちおがくず入りのものであれば最長2週間〜1ヶ月
保存方法おがくず入りのものは、おがくずごとビニール袋に入れて冷蔵庫で保存(おがくずが無い場合は新聞紙に包む)
旬の時期11月・12月・1月・2月

ゆりね(百合根)の賞味期限・日持ち

ゆりね(百合根)の賞味期限・日持ち期間は、おがくず入りのものであれば最長2週間〜1ヶ月です。

ゆりね(百合根)の保存方法

ゆりね(百合根)はパック入りのものよりも、おがくずに入ったものの方が圧倒的に鮮度も日持ちも良くなります。
なるべくおがくずに入ったものを購入するようにしましょう。

また、ゆりね(百合根)は乾燥に弱い一方で、水に濡れるとすぐに傷んでしまうと、水分に対してデリケートな野菜です。

冷蔵庫で保存

おがくず入りのものは、おがくずごとビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。
おがくずが無い場合は、新聞紙に包み、ビニール袋に入れて保存できますが、この場合はなるべく早く食べましょう。

冷凍して保存

  1. 鱗片を1つずつばらす
  2. 1分ほどゆでる
  3. ザルにあげて自然に熱をとる
  4. 1つずつラップに包み、ビニール袋に入れて冷凍保存

調理の際は、解凍せずにそのまま利用できます。

ゆりね(百合根)の旬の時期・季節はいつ?

ゆりね(百合根)の鮮度の見分け方

  • 全体がふっくらと膨らんでいるもの
  • 表面は白くツヤがあり、実の部分がしまっているもの
  • 鱗片は1片が大きいほど甘味が強くなります
  • パックものより、おがくずに詰められたものの方が鮮度が良い

ゆりね(百合根)の主な産地

ゆりね(百合根)の主な産地は北海道で、全体のほぼ100%をしめています。

タイトルとURLをコピーしました